金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1960号/加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02323【回収リサイクル】 OKI(沖データ) TC-C3BY2 リサイクルトナー イエロー 大容量 ※リターン | C824dn C835dnw C835dnwt C844dnw オキ オキデータ トナー 純正 カートリッジ 新品
公開: 更新:

イメージドラム ブラック (MC8シリーズ/C8シリーズ) ID-C3LK トナー

連載
ナディ Nady WA 120 Portable PA System with Wireless Omni-Lavalier Mic Channel E ライブサウンド スピーカー
都内不動産管理会社勤務→2020年退職。専業大家となり、セミリタイア。 投資スタンスは、個別株はバリューおよびスイング。ETFはドルコスト積立。 記事は、日本株取引15年以上経験者視点からの米国株投資です。
【米国株】ついに調整相場入りか
株式


こんにちは、りーまん(【ジャストライト Justrite】CHECKERS 826S0035BL 導電性マット ダイヤモンドシュタット 910X1500 メーカー直送 代引不可 北海道沖縄離島不可)です。

新型肺炎(コロナウイルス問題)に端を発し、世界同時株安継続中ですね。

米国株式市場は、2月第3週までは史上最高値を更新していましたが、ついに?下落を始めました。

【クーポン配布中&大感謝祭対象】(業務用5セット) 【純正品】 EPSON エプソン インクカートリッジ 【ICM75 マゼンタ】 大容量インク

5営業日続落となり、おそらく調整相場入りでしょう。

<S&P500指数>

2月19日:3386

2月24日:3225

環境推進トナー マゼンタ Mサイズ エプソン LPC3T35MV

米国株保有状況

SBI証券の口座サマリーです。(終値)

下落をまともに受けてしまいましたが、さらに下落するとみてで一旦70%近くを手放しました。

その後、26日に少しだけ買い戻しています。

通算益をほぼ吐き出し、から通算益が約4,500$減っています。


売買銘柄

売:ABBV30、BHP20、BTI60、PFF200、RDSB40、SPYD300、VGT30、VTI35、

トナーカートリッジリコー RICOH SP C740H シアン 純正品レーザートナーカートリッジ【代引き不可】

差し引き30,000$以上売却しました。

【お取り寄せ】キヤノン/NPG-35トナー ブラック含み益&過去の利確・配当分含めて、ほぼ消えた格好です。

おそらく、今夜も下げるでしょうから、実質的にはマイナスとなる見込みです。

元々含み損だったRDSBやWBKだけではなく、BL-S78139-K LIXIL INAX 風呂ふた 巻きフタという体たらくです。

今週の銘柄トピックス

今週のS&P500指数採用銘柄ヒートマップです。(出典:FINVIZ)

ほぼ全面安で、金関連や個別材料株のみプラスですね。

【クーポン配布中&大感謝祭対象】【純正品】 Canon キャノン インクカートリッジ 【4843B001 BJI-P411Y イエロー】 インクタンク


調整相場での考え方

調整相場入りと判断した段階で、持ち株の整理・売却を行います。

判断ができない場合は、整理せずそのまま持ち続けたほうがよいでしょう。

私は高配当銘柄を中心とした、配当再投資戦略を軸にはしていますが、

長ければ数か月にわたる下落をみすみす見逃す手はないと思っています。

・個別株は、各銘柄の50~100%程度手放し、ポジションを軽くする。(長期投資対象除く)

沖データ(OKI) トナーカートリッジ マゼンタ(C530dn/C510dn/C310dn/MC561dn/MC361dn) TNR-C4HM1

・買戻しについては、市場の鎮静化を待ち、さらに段階的に行う。(買い増しを少し増やす)

・買戻しの際、買付単価下落や想定利回り上昇も注視する。

・個人投資家は、本人が思っている以上に、純損失に対する許容度が低い。

 大きな損失を他の利益確定で補うのは、調整相場ではなかなか難しい。

・一方、毎月コンスタントに利益確定する必要もないため、

 適度な損切りやポジション調整は有効。「休むも相場。」


まとめ

欧米各国は、新型コロナウイルスについて「対岸の火事」ととらえていたのでしょう。

著名なあるアメリカの投資家は、コロナウイルスについて、

「一般社会は、過度に恐れている。一方、市場は楽観視しすぎている。」

【クーポン配布中&大感謝祭対象】【純正品】 Canon キャノン インクカートリッジ 【4845B001 BJI-P411C シアン】 インクタンク


個人的には、S&P500指数は、3100~2900程度まで下落する可能性があるとみています。

含み損が増えてもそれに耐えつつ、コロナウイルスの実体経済への影響がある程度判明したら

落ち着いて、体勢を立て直していこうと思います。

×
コメント
この記事の連載
この記事の作者
NEWQUEST.RS RSS